ダンの街角見てある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 病室から見えた経済活動

<<   作成日時 : 2017/06/02 10:39   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2




夕暮れの荒川に沿って走る首都高速中央環状線。運送用車両がひっきりなしに走る。

これは病室の窓から携帯で撮ったもの。そう、私、入院してしまったのです。大人になって初めての入院。
歳をとると体のあっちこっちにバグが発生するようで自分ではもうコントロールなど出来そうにありません。
当初は検査入院ということだったのだがそう簡単にはいかぬようでしばらく入っていなさい、ということに。
・・・・・
することもないので沈む夕日と首都高速を病室から眺めていたら気づいた、運送車両(トラック)の多い事。
右に向かう車も左に向かう車もひっきりなし、朝から晩まで。渋滞することはあっても途切れることはない。
近頃ニュースでやっていたが宅配業界の値上げ問題。主因は運ぶモノが多すぎかつ急がされる過重労働。
想像はついていたが実態を見せられた感じだ。世の中、こんなにも次々と運ばれてゆくのか、すごいです。
まるで工場のベルトコンベヤーに乗せられたモノが自ら運んでいるようだ。運送ドライバーは過酷なはずだ。
・・・・・
入院の話に戻るが中学生の頃盲腸の手術で入院したことはある。麻酔の後遺症で円形ハゲができたのも。
点滴も初めて、何か怖そうだった。というのもこの時期だと新米の医者や看護師が処置に当たるから(汗)。
点滴用の針を打つにも最初失敗、腕血だらけ。見かねたベテランが代わりにすんなりと・・先にやってよね!
原因は感染症による発熱と診断されていたので熱が引くまでとなったが、これまた運がいいのか悪いのか。
退院できそうだというのに古傷の関節ネズミが不意に顔を出したきたのだ。トホホで、次は整形外科へと。
関節ネズミは20年来の付き合いなのでその旨先生と相談して、なんとか退院にこぎつけることができた。

追記・・・病院食をもうちょっと何とか・・・でも、おかげで2キロのダイエットになったのは感謝です!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大人になって初めての入院健康なんですね、自分は現役中何回も入院経験しました、今又右足に痛み、散歩が思うように歩けないでいます。私が勝手に主治医(内科)と決めて、受診、アドバイスとビタミン剤を・・これで改善が見られない時は、専門医へ・・・入院施設の無い開業医ですが、診断は的中します。情報やアドバイスに耳を・・自分でのコントロールの道もあるものです。病は患者が治すもので医者はそのお手伝いをするとも言いますから。お大事に・・・
デジ健
2017/06/08 08:25
デジ健さん、おっしゃる通りですね。
病は患者が治すもので医者はそのお手伝い、私も実感する歳になりました。病の源はほとんど自分にありますからね。でもあまり健康健康ってオタクになるのは性に合いません。適当に気を配っていきたいと思ってます。
ダン
2017/06/08 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
病室から見えた経済活動 ダンの街角見てある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる