これはプテラノドンか

JR京都駅にて・・・・・  

まるで翼竜プテラノドンが舞い降りたような光景(故意に撮り過ぎ?)。
JR京都駅をまじまじと見たのは今回初めて、驚いた、雑誌では知っていたが。



ちょっと角度を変えて下から見上げて撮った。これまた複雑系、巨大な空間なのでめまいがしそう。



正直、古都にこういうデザインだと言われるだろうないろいろと・・・

GR DIGITALⅢ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2013年03月31日 07:16
今の京都駅は一部でボロクソに言われたようですが、私としては、これはこれでアリではないかと思っています。

そもそも京都人はあの京都タワーを容認した時点で、古都としての駅前の景観はとっくの昔に投げたと思いますので、今の京都駅を批判する資格はないと思います。

そういえば、司馬遼太郎の著作だったと思いますが、日本研究で高名なライシャワーは、新幹線ができた時点で批判的なことを言ってたそうです。
ダン
2013年03月31日 08:37
ひとりかもねんさん、おはようございます。
私も同じような思い、これが実情なんだろうな、と。京都タワーも鏡像で見るのがよろし(アップ済みですが)。
近鉄線で奈良へ向かう際に窓から見た五重塔。街中にポツンとある感じで妙にさびしく感じました。
ライシャワーの話もうなづけますが帰化したドナルドキーンの日本文化に対する意見も面白いですよ。どっちが日本人だか(笑)。
2013年03月31日 11:11
再度のコメント失礼いたします。

四つ前の記事の京都駅の壁面に映る京都タワーの写真はそういう意味だったのですか。深いです。

古都らしさと言えば、京福電鉄嵐山線の嵐山駅はいいなと思うのですが、京都駅は巨大な交通の要衝ですし、まず物理的な大きさが求められるので、京都らしさにこだわって、機能面でどこか無理をきたすより、いっそ開き直ってしまえ、というデザインが評価されて採用となった気がします。それはそれでアリではないかと。

ところで、新幹線云々の話は、ドナルド・キーンだったような気がします。うろ覚えでした。すみません。

長文失礼いたしました。
ダン
2013年03月31日 16:21
ひとりかもねんさん、こんにちは。

映った姿の方がいいなんて失敬な話ですよね(ゴメンです)。
東京に出来た何とかツリーもほとんど興味ありません。
私はエッフェル塔が鉄塔らしくいいです。日本は鉄骨塔ばかり。

次回は京福電鉄の嵐山駅に是非行ってみます。
JR京都駅のコンペ選考はいろいろ取りざたされたようですね。
個人的には磯崎新さんいいかなと思いましたが重厚過ぎかなとも。
時間の経過で評価って定着するんでしょうね。どうなるやら。

最近のキーンの話が朝日新聞にありました。大阪の文楽に関するもの。
文化人の高い見識が示されていました。橋本市長はどうこたえる?
2013年04月03日 22:45
タワー...こういっちゃなんですが、東京のはゴミゴミした街の中にポツンと建っている印象なんですよね。
エッフェル塔は初めて実物を見た時に造形の美しさもさることながら周辺の都市計画も含めて見事だな~と唸ってしまいました。
ちなみに今の京都駅....私は嫌いじゃありません。
いろんな意味で今の京都っぽい気がします。
ダン
2013年04月05日 22:56
さささん、こんばんは。
エッフェル塔、ご覧になりましたか。それは羨ましい!
東京タワーは故佐野利器先生が計算尺で計算したとの逸話話。
真偽のほどは別として計算技術のレベルは世界に充分証明済み。
それとデザインは別なんですが、日本の塔のスタイルは変わらない。
京都駅、ですか。実際見て驚いたのは確かですがよく分かりません。
街の中を徘徊しましたが、日本最大の観光都市、それが感想でした。

この記事へのトラックバック