スコッチウイスキーはいかが




ジュラとボウモア15年。
この2本が今回のワタクシへのイギリス土産、これがないとね・・・。

イギリス行のお土産は毎度これなのだがスコッチウイスキーといっても味はそれぞれ違う。
もちろんどれも美味しい。但し、私はウィスキーは好きだがうんちくを傾けるほどの’通’ではない。
従って、単純に「あ、美味しい」って言うだけのこと。飲み比べると「そういえばフルーティだよね」くらい。
日本製のウィスキーとの違いくらいは分かる。本家本元の歴史の重みなのかその奥深さは私にも感じる。
実は 以前の拙ブログ にもイギリス土産のスコッチウイスキーは登場している。ダルモアだ、結構よかった。
私のようなシロウト愛飲家でも感じるのは重さの中に微妙な香り、一方日本製はサッパリした飲みやすさ。
どういうわけか近年の本場では日本製ウィスキーが高評価を得、若者にウィスキー離れが進んでいるとか。
同じようなことは日本でも起きている。日本酒離れに酒蔵はいろいろ苦労している様子がよく話題になる。
どうやら今時はワインとビールが世界を席巻しているのか、確かにメディア的には明るく陽気には映る。

余計なことだが写真は我が家のどうということもない茶箪笥。高級バーの棚に見えるのはうれしい(笑)。
ちょっと自慢したいのは右に見える徳利。義弟が私のために焼いてくれたもの。かざってあるばかり。
それと左端にはワインエアレーター。このエアレーターを通すと、不思議、ワインが美味しくなった!
何故かボウモアの後ろに血圧計。ま、そんなこんなで楽しみ方もいろいろ、飲みすぎにはご注意。

RICOH GRⅡ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

tora
2017年08月23日 08:44
いつも楽しく拝見しております。
ご無沙汰しておりました。(と言っても過去に一度か二度、コメントしたことがあるくらいですけど・・・汗)
ボウモア、こないだ連れていってもらったバーで飲ませていただきました。
自分には少し塩気が強かったかな?そんな印象でした。
とは言え、それほどアルコールに強くなく、せいぜい一杯か二杯が関の山の自分が言うのもなんですけど・・・。
そんな自分が、今まで飲んで「あ!美味しい!!」って思ったのは「バランタイン17年」
日本酒なら「呉春」がいいですね~。
ダン
2017年08月23日 15:42
toraさん、久々にコメントありがとうございます。
ウイスキーの感じ方は人それぞれ、お酒もいろいろですよね。
バランタイン17年ですか、よさそうですね。今度いってみます。
「呉春」ってどこのお酒?調べてみよう~。

この記事へのトラックバック