イギリスの街角で(2)・・・コッゲスホール




コッゲスホール(Coggeshall)。
イギリスの村はどこも古く美しいが、それにしてもここはいつの時代からあるのか・・・。

上の写真は日本の田舎でもよく見る風景だがここは目的地近くを流れる川(River Blackwater)。
目的地というのはここ。ここのデカい建物を見に来た。日本では納屋とか物置小屋って言うんだけど・・・。



何だか屋根だけ見るとあの白川郷を思い出すが・・・中に入ってみると、あ、やっぱり物置小屋、立派な木組だ。


相当歴史的にも古~い村だとは調べで分かってはいるが街中はどうなんだろうと徘徊してみることに。
でも別にフツーのお家と街の並びだけど・・・この建物の外壁右側の方に妙なプレート発見。えっ、す、すごい!



アップするとこの建物の建った年が印字されている。1467年とある、コロンブスの新大陸発見より古い!


で、上の方に気遣いながら歩いていると散歩の住人とすれ違った。連れのワンちゃん変なヤツってじろり。
ワンちゃんの後ろの掘り込み文字、発見!あ、やっぱりここもそうだよ。壁が古そうでないので分からなかった。


同じようにここもアップするとこの建った年が刻まれている。1585とある。この国の時間はどうなってるのかね。


外観がさほど古く感じないのは長く持たせるために保全に努めているからだと推察は出来るが、感心する。
別の建物だが入館料払って中に入ると、渋いですなぁ! ん、天井にへばりついている白物は火災報知器か?



こちらはその昔織物で財を成したという、資料によると 「Paycocke's House & Garden」 とある。
このおばあちゃんは当時を再現してくれていて撮影していいかと聞いたら、OK だって(嬉)。いいね!




つづく・・・

Nikon D3000, ED 18-70mm f/3.5-4.5G / Fuj XQ2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック