イギリスの街角で(3)・・・シュルーズベリー



シュルーズベリー(Shrewsbury)。
ここでは15世紀のチューダー王朝時代の家々が街中に見られ中世に佇む気分だ。

上はここの鉄道駅近くに建つチャールズ・R・ダーウィンの銅像、シュルーズベリーはダーウィンの故郷だ。
この日は雨模様の天気であったが街で何枚も撮ったチューダー王朝様式の建物の特徴は外壁デザイン。
下の写真がそうだが私などは、渋い、それに高貴だけど・・・中世ってこんな建物が流行っていたわけね。





この時はまだ10月の半ば。日本じゃハロウィンで大騒ぎだがここでは何てことない。窓にチラリと覗く。



流れる川そして石橋。ちょっとのどかな感じもしていいですなぁ。チューダー王朝の建物見ているとここでホッ。




ダーウィン先生はいろんないい名言を残していて私でも知っているのは大体次のような話かな。
「生き残る種というのは強いものでもなく頭のいいものでもなく環境に適応できるもの」・・・だったかな。

つづく・・・

Fuji XQ2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック