テーマ:

まさかの真夏日・・・裏磐梯(2)

五色沼散策の翌日も真夏日は続く・・・まいったな~会津若松へ行こうと思ってたのにこの暑さじゃ。 近隣マップと宿の人の話をまとめると何やら涼しそうなところ発見!「不動滝」ってのがあるじゃない。 軽いトレッキングコースでもあるようだし、うん、ここへ行ってみよう。入り口までは車で送ってもらった。 「但し」があって宿の人からクマよけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの真夏日・・・裏磐梯(1)

涼しさを期待し、かつ出かける前にも確認したのに・・・。 泊まるお宿の電話は「朝晩気温なんて10℃前半ですよ」な~んて言ってたのに、何だこの暑さは! お宿の弁解は「昨日までは実に涼しかったんですよ」だって。確かにお天気サイトは当たった、その通りだ! 嘆いていても仕方ない、翌日は五色沼へと足を運んだ。ここは何度も来ているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地を行く山の旅人

. 私たち夫婦が上高地に入ったのは開山祭の前々日。 着いた日はいつものようにまず大正池を目指し周辺の状況を確認。トレッキングは明日。 ところで直前まで調べていた天気予報だが現地は徐々に快復とあったが違った。外れたって事? しかし珍しい経験もした。雨、晴れ、曇り、雪の全天候、〆は轟く朝の雷鳴。あれでビックリ早起きに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地、開山祭に雪が降る

4月27日は上高地開山祭。この日に合わせるように今年もやって来たのだ。 お宿はいつもの上高地アルペンホテル。支配人から今年も開山祭の招待状が届いた。ありがとう!! お天気具合はというとどうもいけない、去年はまずまずだったのだが。朝は青空も少しは見えていたのに。 式が始まるまでに間があるので昨日行った明神までぶらりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩きミニmini.@.箱根

久々の山歩き、体力測定なみ(笑)なのでミニmini。先週末、手頃な箱根へ。 コースは登山電車・小涌谷駅を下車。千条ノ滝をスタートして鷹巣山までの40分位の軽~い山歩き。 ここは今までも何度か来ているのでどの位体力が落ちたかは即分かるというもの。少し気にはなるが。 上はスタート地点の千条ノ滝(ちすじのたき)。中望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清里テラスは霧の中

足の親指にトラブル抱えながらも予定を決行(実は不安・・・) 少々足を引きずりながらもやって来たのは八ヶ岳、宿はかつてよく利用した麓の温泉付き。 いつもだと清里からダラダラと美し森まで上りそこから周辺を徘徊するのだが今回それは無理(笑)。 そこで行ったことがない清里テラスなんかどうかと。ここは下界の眺望がいいらしく近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車山高原だって暑かった

今週始め、十何年ぶりに霧ヶ峰にやって来た。車山高原だと少しは涼しいかと思ったが期待は大外れ。 宿の人の話だと昨日も気温は30度越えだって!明日も天気は良さそうだしどうなることやら・・・。 朝起きたらなんか暑そう。でも山の空気だから実際はそうでもなかろうと支度して外に出たら・・・ワ、暑い! まずは山頂を目指そうと歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森はフィトンチッドでいっぱい

先週、森林浴に出かけた。場所は信州長野の赤沢自然休養林。 ここへはかつて一度行っている。30年近く前になるか、散策ツアーがあるというので参加することにした。 お宿はいつものグリーンヒル八ヶ岳。連れてってくれるというんだから実に楽な話。お仲間は20数名くらい。 かつて行った時は木曽路散策の終着点。南木曾から歩き出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地の朝はさわやかに

上高地に来たら朝は早起きしなければいけない。 何故なら上高地では朝の空気は極上の清涼剤なのだから。 朝6時を回る。 河童橋の周辺にはすでに朝の散歩を楽しむ人、撮影に余念がない人、山をただ眺める人、様々。 毎度同じところから同じ方向に向かってシャッターを切る。しかし写る景色は毎度違う。それ故今回も・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地は山の中にある

カミコウチ(上高地)はカンコウチ(観光地)? さぶ~いダジャレ言ってるわけではないが上高地はもうずっと前から観光地化している。 おかげで上高地の環境はかなり整備されきれいになった。訪れる観光客に評判いいのは当然のこと。 それにしても今回驚いたのは連休前だというのに観光客の多い事。中国系の団体さんがやけに多い。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛大に上高地開山祭

先月、と言っても先週だが久しぶりに4月の上高地を訪れた。 ここのところ上高地へは梅雨時あるいは初夏に行っているがそれまでは決まってこの時期だった。 それで久しぶりに残雪を踏みしめながらの梓川散策をと期待してやって来たが・・・何と、周辺に雪なし。 穂高連峰を見上げても、う~ん、確かに峰々真っ白とはいかない、早めにやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根・春の大雪 2000年

今朝のニュースは大荒れの天気から始まった。 すでに箱根強羅あたりは完全に雪化粧、それも全く降りやむ気配もなくすでに積雪10cm以上ある。 だいたい箱根ってところは春3月に雪が降ることしばしばだ。どうも芦ノ湖という地形も絡んでいるらしい。 で、思い出してしまったのが2000年3月12日の朝、誇根強羅の宿で起きてびっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北八ヶ岳の厳冬を実感

地獄谷野猿公苑へ行った翌日には北八ヶ岳にも足を延ばした、帰り道の途中だ。 前にも来てはいるがこの時期は初めて。ふもとでは雪解けも進んでいるが山はどうかなと。 ロープウェイで上まで行って坪庭に出たら、これはすごい、雪の深さはかなりのもの、周り真っ白。 歩くコースは知っていたのでちょっと一回りしてくるかなんて踏み出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーモンキーはつらいよ

地獄谷野猿公苑。 信州山奥に温泉に入る野猿がいるとタイム誌が伝え海外でも有名になった。 一度行ってみたいとは思っていたがツアーを組むというのを知り早速参加することにした。 ツアーと言っても宿泊する施設がバスで現地まで送ってくれるという毎度の楽しい小旅行なのだ。 お宿はいつもの八ヶ岳の麓にある新宿区の施設。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィルムスキャンの三が日

. 去年の正月は足の骨折で歩きもままならず何して過ごそうかと困った。 そんな時久しぶりに昔のネガでもスキャンするかと思い立ったワケだが・・・ あれ以来フィルムの魅惑が時おり襲ってくる。当然だがデジカメで撮った写真とはやはり違う。 今回は劣化変色退色に強いと言われているリバーサルフィルムを時期を追ってスキャンした。 基本的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月に雪山はよく似合う

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 上は2009年正月に新穂高へ行った時のもの。奥は西穂高、右の方に山荘が見えるのだが。 この年も雪が深かった。そもそも新穂高は多雪、それゆえ新穂高温泉はたまらないのだ。 懐かしいミノルタCLEで撮ったものだがきりっとした写り、広角ヘキサノンの見せど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝霧高原、五里霧中

前回の続き。 この日の目的は朝霧高原と白糸の滝。だが朝霧高原に着くと辺りは霧で真っ白、撮影はムリ。 朝霧高原は何度も来ているので私としては次の白糸の滝へ早く行きたい・・・ 富士山 白糸の滝。 ここも前に来ている。整備されたのか周囲が随分とキレイになった。観光客が来てるってことだね。 このくらいの霧だと雰囲気があってかえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エメラルドグリーン潜む渓谷

信州木曾にとっても澄んだきれいな川があるって聞いたので行ってみることにした。 長野県大桑村阿寺(あてら)渓谷。 最初聞いたとき、この渓谷の存在すら知らなかった。大体パンフ見せられてもコレ何て読むの、なんて。 調べたらなんだ寝覚ノ床で有名な上松の先だっていうじゃない、上松には登山帰りによく寄っていたのに。 ちょっと興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清里高原いまだ緑深く

この日は八ヶ岳山麓にやって来た翌日、9月11日。 多少は秋の雰囲気が醸し出されているかと思ったが・・・ ご覧のように楓(かえで)は楓。とても紅葉(もみじ)にはほど遠い。 下は東沢大橋。いつもここからこの角度で撮っているが工事中に出会うのは初めて。 清里高原の本格的な紅葉は10月中旬頃からと聞く。シーズンに間に合う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳高原のだらだら坂

年に1回は来る八ヶ岳だが今回は久しい感じがする。ま、いろいろあったから・・・ 八ヶ岳高原ライン。 清里駅で降りて美し森を目指す時はこのまっすぐなだらだら坂をひたすら足で上ることにしている。 清里駅から美し森入り口まで距離にして2.7km歩く時間は40~45分。結構いい準備運動になる。 ここを上っていてもあまり人を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

万座は濃霧の中だった(3)

群馬県嬬恋村万座温泉。 ガス(霧)の中を歩いていると見えるのは足元近くのみ。ガラにもなく花を撮ってしまった。 当然花の名前など知る由もなく帰って来てネット図鑑を頼りに調べたがよく分からん。 一緒に行ったカミさんに聞いても分かったのは上のヤナギランのみ、他は無名花にて失礼(汗)。 下の二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座は濃霧の中だった(2)

群馬県嬬恋村万座温泉牛池。 ’色の白いは七難隠す’という言葉があるがこの白い霧の中にいると・・・ナットク! 霧は深まるばかりだが全くない状態でここを訪れたことがないので本当の景色は知らない。 それにしても随分とまぁ幻想的だこと。タイミングもピッタリ、雨中だと霧もこんなに濃くはならない。 散策しながらかつて行った池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座は濃霧の中だった(1)

群馬県嬬恋村万座温泉。 この時期(先週)でも20℃以下だというので避暑地としても最適だ。 群馬県の温泉らしく硫黄の効いた白濁系で地面から立ち上がる白煙が見える。 着いた翌日、周辺をミニトレッキングしようと出かけたが硫黄の匂いがどうも気になる。 で、早いとこ上へ行ってしまおうと急いだら今度は息がきつく全身汗だく、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の別荘はいかがですか

先日信州安曇野へ行った時に見た光景だがどうみても森の別荘イメージ、雰囲気がとっても良い。 こんなところで暑い夏をやり過ごせたらさぞ気持ちいいだろうな、なんてつい思ってしまう。 クマが出るわけでもなさそうだしアルプスの清流だと蚊もわかないだろう。私、虫苦手だから(笑)。 珍しく別荘持っている知人がいるのだが、曰く「現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういうこともあるか・・・1か月後

骨折が分かって1ヶ月が経過、よくはなってきたが足踏み状態。 一週間くらい前から近所回りくらいは出来るようになった、ただしチャリンコに乗っての話だが。 骨折なんて初めてのことなので回復具合がどんなものかサッパリ、成り行きに任せるしかない。 それにしても暮から正月はずっと家の中。一歩も外に出ることはなく実に静かな静かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇生したスキャナー

フィルム復活の話を聞き、壊れた古~いフィルムスキャナーをいじってみた。 Minolta DiMAGE Scan Elite 5400。私の愛用したものだがフィルムホルダーを全く取り込めなくなったのだ。 ガタガタいうばかりで全然ダメ。使い過ぎでカムがすり減りレールに乗れなくなったか。壊れたものと断念。 今回試しにと電…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フイルム復活の話

デジカメ情報のサイトを見ていたら何とフイルム復活の話があるではないか。 サイト名は「デジカメinfo」。なかなかの最新情報内容なのでよく参考にさせてもらっている。 フィルムはコダックのエクタクローム、そしていずれコダクロームというではないか。これは気になる。 しかし私にとっては困った話。コダクロームは好きでよく使っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新年は一富士で

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 去年の暮れに行った箱根の大涌谷で撮った快晴の富士山。風もなく穏やかでいいですなぁ。 と、この時は静かに清々しい新年を迎えられるとのんきに構えていた・・・・・が(涙)。 Sony RX100Ⅱ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根大涌谷の今

今年1月以来の箱根だ。ロープウェイが全線開通となったので様子伺いもかねて。 箱根湯本に着いて登山電車、ケーブルカー、ロープウェイと乗り継ぎ大涌谷までやってきた。 大涌谷近くまで来るとロープウェイの中でも既に硫黄くさい、下を見るまでもなく噴煙が派手に上っている。 到着して外に出てみると大勢の観光客でいっぱいだ。みんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン、見たかった

済んだこととはいえ見ておきたかった、ホントにでかいの? 新聞の写真では見たけどアレは超望遠で撮ったヤツじゃない、確か九州福岡のビルの間から。 あんなレンズで撮ればフツーの月だってどでかく写るわな、標準で撮ったのを見たかったね。 これも天体ショーのひとつなんだろうけどなかなか見られるものじゃ~ない、運次第か。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more