テーマ:写真

ハイスピードレンズで街中スナップ

久々に持ち出したコンタックスの大口径レンズ・プラナー85mmのF1.2。 これがまたすごい。何がすごいってまずその重さ、望遠でもないのに790gずっしり。まるでガラスの塊。 ライカのノクチなんてのも相当重いと聞くが触ったこともないので知らん。F0,95だそうでそりゃそうだろう。 実際このプラナー、何に使うんだって最初思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹の目テッサーで見る晩夏

ここのところ気温の差が激しい。昨日は真夏日一昨日は秋模様さらに一昨々日は真夏日・・・。 そして今日また秋模様の涼しさ。一体どうなっているんだ、体がついていけない。 気分転換に中川へ散歩に。雨が降りそうな中、放置された自転車が、高級そうなのに何で? 毎度のレンズの話。今回持ち出したのは、コンタックスレンズ・テッサー45m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑の名残はハリウッドで

ハリウッドと言っても映画のことではなくカメラレンズのこと。 猛暑はもうたくさんだということでこのレンズで何とか終焉にしたい、そんな思いで引っ張り出した。 コンタックス・ディスタゴン 28mm/F2。このレンズにはハリウッドという通称があると以前拙ブログに書いた。 何でそんな名前がついたかは今も分からない。ただ写り具合に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロプラナーでポートレート

ポートレートなんてちょっとオーバー、相手は我が家のマスコットたちなんだから。 使うレンズはコンタックス・マクロプラナー100mm/F2.8。 本当は屋外で撮ろうかと思ったのだが天気がよろしくない、こんな重たいレンズ持ち歩きたくない。 で、横を見ると、撮らせてあげようかって顔して子熊のマスコットがこっち向いて・・・それも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GRⅡお前もか!GRⅢへ

昨日カメラの下取り交換で中野まで行った。RICOH GRⅡをGRⅢへ、なのだ。 二年前にソニーのコンデジをGRⅡに交換した時センサーのゴミを指摘された、嫌な記憶・・・。 あれが頭をよぎった。センサーごみのせいで評価額がガツンと下がり予算が大幅に狂ったのだ。 お店の人がやけに丹念に調べている・・・なんかいやだなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sプラナーで春の海か

「春の海 終日のたりのたりかな」 by S-Planar 60mm/f2.8。 一昨日の雪交じりの凍えた日から一転、この日はまるで春が来たかのようなポカポカ陽気。 そんな陽気に誘われて久々に臨海公園にやって来た。もちろん視界に入るはきらめく東京湾。 前回のブログはニコンのマイクロだったが今回はコンタックス用のマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧マイクロニッコールいいね

Micro-NIKKOR 55mm/f3.5。永いこと眠っていた私のニコンレンズ。 昔、若い頃ニコンF2で標準レンズとして使っていたマクロ(ニコンではマイクロと称する)。 その頃は花に全く興味がなかったので撮影対象は専ら山歩き風景(メインは28mmと105mm)。 その後ニコンからツァイスに代わったので何となく消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年経って同じPlanarで

パキラと初期玉プラナー50mm F1.4。 2年くらい前から急に成長が早まったのかこんなに大きくなった我が家のパキラ。 何となく振り返ってみると夏の猛暑が影響しているのではと想像している。それと鉢を代えたせいも。 鉢は代えたというより代えざるを得なくなったのだ。パキラがでかくなってきて窮屈そうになってきたから。 もと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士ついに白黒フィルム終る

富士フィルムがいよいよ今月で白黒フィルムの生産終了となる。事前通告で知ってはいたが・・・ ある写真家さんも言っておられた。これからは社名を富士デジタルにしたら、なんて・・・ナルホド。 確かに利益の出ない商品を作り続ける企業なんてありえないし・・・でもちょっぴり寂しくもあるし。 エラそうなこと言えないのは自分だってデ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり標準レンズか

標準レンズは 50~55㎜あるいは 45~60㎜あたりを指すらしいが・・・ 人の目に近い画角なのでそう言われているそうだが、確かに遠近感などは見た目に近い。それで標準、ね。 一生50㎜レンズで通したという高名な写真家が昔いたそうだがすごいなと思う。見えたままに写したわけだ。 もっともその写真家は他の焦点レンズは合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮り直しは何故かイマイチ

撮影をしているとどうも気に入らない時があってシャッターを切りなおす・・・ それで構図とか位置とか余計なことを考え同じ被写体をもう一枚さらにもう一枚・・・となる。 自宅に帰ってからそれらをよく見てみると、なんだ最初のヤツが一番いいじゃないかってことに。 以前、亡くなられた赤瀬川原平の本を読んでいたら同じようなことが書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CONTAX T2 にご登場願うか

秋田角館 2010年。 最近ネットで写真愛好家のブログやSNSを見ているとフィルムカメラの話やそれで撮られた写真をみる。 銀塩ファンだった私としてはうれしいことなのだが何で? フィルムも生産終了の報道が続いているのに。 直近では富士フィルムも定番モノクロを終了させるとか、確かに売れないもの作っても会社は困るけど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街に夏がやって来た

昨日も一昨日も暑かった、でも今日のはさわやかな初夏なんてものじゃない。 α7のサブとして私が使っているコンデジのGRⅡ。この暑い中買い物に行く際持ち出してスナップ。 仕上げは若干ポジフィルム調にして濃い色味を出しているが街の雰囲気も夏っぽくていい感じ。 APS-Cサイズセンサーのお陰か解像力は高い。デジイチのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと古いコンデジだって・・・

CONTAX Tvs DIGITAL。 2003年発売、今から15年も前だが果たして写りは如何に・・・ これを実際買ったのは2009年、もちろん中古、ネットでその写りに惹かれあのコンタックスの専門店へ。 その頃の拙ブログにもその撮影画像はしばしば登場した。しかし故障もありGR DigitalⅢにその席は奪われた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古くなったコンデジでも充分いける

デジカメの製品サイクルはスマホに押され伸びたとはいえ古くなるのは早い・・・ このコンデジも今は滅多に見かけない。ウチのカミさん用に買ったのは5年位前だったか。 本体の充電機能がおかしくなり一度は修理に出したがその後も思わしくないので一度はオクラに。 代わりにと富士のXQ2を買ったのだがなんとなくこのP330を使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナログレンズくたばらず

古いネガをスキャンしていて毎度感じるのは・・・フィルムってやっぱりいいよなぁ。 まぁ、自己満足の類の話なので講釈してどうこういうのもヤボってものかもしれない。 何せ近頃のデジカメはすごいの一言。一体どこまで行くのかその解像力、果てあるの? そもそもフィルムカメラとデジカメを比較しても意味はない。根っこが全然違うんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィルムスキャンの三が日

. 去年の正月は足の骨折で歩きもままならず何して過ごそうかと困った。 そんな時久しぶりに昔のネガでもスキャンするかと思い立ったワケだが・・・ あれ以来フィルムの魅惑が時おり襲ってくる。当然だがデジカメで撮った写真とはやはり違う。 今回は劣化変色退色に強いと言われているリバーサルフィルムを時期を追ってスキャンした。 基本的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NASAの選ばれたカメラ

ここのところデジカメやレンズをやたら調べまくっている(少しオーバー)・・・ そんな事をしていたらふと昔気になっていたことを思い出した。それはライカを見ていた時だった。 NASAのカメラはアポロ計画で1960年代よりハッセルブラッドだった。70年代にようやくニコンが採用。 で、その頃から思っていたのは何でNASAはハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高級コンデジもこうなっては

高級コンデジだったお前さんがこんな値段に成り下がるとは・・・ 結構愛用していた SONY RX100Ⅱ を手放すことにした。ゾナーには思い入れがあったのだが。 RICOH GRⅡと下取り交換と決めた。私に合うのはやはり単焦点レンズだとよく分かったのだ。 RXの前は GR DigitalⅢだったがゾナーのズームに魅力…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CONTAX T2 再び

こういうカメラをオクラにしておくにはモッタイナイ・・・ 前回のフィルムスキャナーで登場したCONTAX T2だが私が関心あるのはT2のゾナーというレンズ。 Sonnar 38mm/2.8、このレンズは小さいのに紛れもないゾナー。使い始めの頃は扱いずらかったが。 わけもなくピンを外すので記念撮影には使えなかったりで・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキャナー再びトラブル

またしてもスキャナーに問題発生。やる気が出てきたらにコレだよ、がっかりだ。 やっぱりだめだったのかな。また使えるようになったと思ったのに、正月だからってそりゃないよ。 スキャンもせずフィルムホルダーは奥深く入ったきりで取り出すこともできない。もうギブアップだね! にも拘わらずフィルムスキャンに未練があるのか今時のフィルムス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フイルム復活の話

デジカメ情報のサイトを見ていたら何とフイルム復活の話があるではないか。 サイト名は「デジカメinfo」。なかなかの最新情報内容なのでよく参考にさせてもらっている。 フィルムはコダックのエクタクローム、そしていずれコダクロームというではないか。これは気になる。 しかし私にとっては困った話。コダクロームは好きでよく使っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶらり銀座は乙なもの

東京銀座。 雨がポツポツと降り出した、なかなかいい風情。今回は格別なプラナーで撮影。 久々に銀座へ出てみた。あちこちの新装工事が出来上がったんじゃないか、と。 前にも拙ブログ で夜の新装歌舞伎座を上げたが今回は瓦屋根の見える階に上ってみた。 屋上庭園があったがそこを離れると写真のような立派な日本風屋根が現れた。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦場カメラマンの眼

この夏に読んだ 「戦場カメラマン沢田教一の眼」:編集・斉藤光政、協力・沢田サタ。 今年の5月にこの本が出たと知りいつもの図書館で調べた、何とあったではないか。 早速借りてきてまずパラパラとめくりその後じっくりと読んだ、否(写真を)見たが正しいか。 私が知っている戦場カメラマンといえば海外ではローバート・キャパ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P330 から XQ2 へ(続)

前回は雨の日の試し撮りだったが晴れた日のXQ2の写りはどうか・・・ 雨の日や曇りの日は光の回りが均等にわたり大体どんなカメラでもよく写るもの。 晴れた日のコントラストにどう対応してくれるか、これがカメラ選びの一つのポイントと考えている。 結果はご覧のとおりだが、いいんじゃない、そんな感想を持った。特にモノクロが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

P330 から XQ2 へ

P330はニコンのクールピクス、XQ2はフジフィルムのコンデジ。 事情もあって今回久々にカミサンのコンデジを代える事にした。 別にニコンでもいいのだがP330と使い勝手が合うのがなく、ヨドバシで勧められたのがコレ。 サイズといい写り具合といいさらに事後処理もウチのカミサンにはよさそうなので決めた。 試し撮りは雨の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

’写ルンです’のように

トイカメラモード。 カメラ本体のことではなく写り具合のはなし・・・ 近頃のデジタルカメラにはいろんな撮影の仕上がりモードがあってこれもその一つ。 わざとらしい気がして当初は「なんでこんなもの付けるのよ」って。が、試しに使ってみると・・・。 あれっ、結構いいよ面白いじゃない。で、本体に登録していつでも撮影モードを切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良原一高「王国」写真展最終日

昨日雨の中東京国立近代美術館へ足を運んだ。 写真家奈良原一高「王国」の写真展最終日、何が何でも行かねば・・・ 本当は前日に行こうと思っていたのだが箱根帰りの筋肉痛がまだ残り・・・情けない。 あいにくの天気ではあったが次の写真展がいつどうなるのか分からない。ニコンで再プリントしたそうだし。 奈良原一高なる写真家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツイテいるレンズ

M-ROKKOR 40mm F2。 不思議だと思う。コレをつけると何故かいいシーンに遭遇する・・・ 上、モノクロで撮った「まちのシンボル」。都営新宿線船堀駅の構内でワンショット。 なにやら昔流行ったインベーダーゲームのキャラクターみたいだが、コレ金魚のデザイン。 かつてこの辺りは金魚の生産地だった。今でも夏になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々にオールドニッコール

NIKKOR 105mm/f2.5。一応、Ai-sの施術(?)を受けたまさしく古~いヤツ。 もともと親父のものだったが私のほうに流れてきた、40年近く前のことだったか。 旅行にはこれと28mmがあれば充分だった。当時はちょっと長めに感じ出番は28mmに及ばなかった。 それでもホールディング感は実に気持ちよく撮りもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more