テーマ:

酷暑お見舞い申し上げます。

梅雨が明けたらいきなり猛暑の連日。本当に地球は大丈夫なのか、マジで不安になる。 梅雨明けて気づいたことがある。7月中に蝉の鳴き声を聞いた覚えがない。雨ばかりで気がつかなかった。 それがどうだ、梅雨明けと同時にあのうるさい鳴き声、蝉しぐれ、夏はこうだったと変な自覚に目ざめたり。 朝、外を見るといかにも暑そうな空気、ムッと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりの紫陽花一輪

雨も上がり空には若干の青空ものぞく昼下がり。 我が家の北側の窓を開けるとそこにお隣さんチの紫陽花一輪堂々と。 α7, Makro-Planar 2.8/100 T* AEJ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜のようなアーモンドの花

今日早々とお墓参りに行った。まず近場のカミさんの実家から、田舎はこの後・・・ この時期になると珍しい花が道すがら見ることが出来てちょっとした楽しみなのだ。 それはアーモンドの花。前にも拙ブログに載せた(2017年3月17日:サクラのようでサクラでない)。 よく見ると桜よりあでやかだが地味な感じ。桜のようにこれで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧マイクロニッコールいいね

Micro-NIKKOR 55mm/f3.5。永いこと眠っていた私のニコンレンズ。 昔、若い頃ニコンF2で標準レンズとして使っていたマクロ(ニコンではマイクロと称する)。 その頃は花に全く興味がなかったので撮影対象は専ら山歩き風景(メインは28mmと105mm)。 その後ニコンからツァイスに代わったので何となく消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年経って同じPlanarで

パキラと初期玉プラナー50mm F1.4。 2年くらい前から急に成長が早まったのかこんなに大きくなった我が家のパキラ。 何となく振り返ってみると夏の猛暑が影響しているのではと想像している。それと鉢を代えたせいも。 鉢は代えたというより代えざるを得なくなったのだ。パキラがでかくなってきて窮屈そうになってきたから。 もと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨の晴れ間日和

こんな言い方あるわけないがそんな一日であった。 昨日一昨日なんて10月後半か11月のような肌寒い日に雨だったのに今日はまるで夏日だ。 体もついていけないのに週末には台風24号がまた日本を襲うらしい、もう秋だけにしてよって。 そう言えばTVの健康コーナーだったか最近秋バテっていうのがあるらしいよ(夏バテではない)。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり曼珠沙華がいい

呼び名の話だが彼岸花とどっちが好きかってだけ・・・ ずっと前にも同じようなこと拙ブログに書いていたがこの時期になるとまたこの話さ。 彼岸の時期に咲くから彼岸花、うん極めて当たり前。でもちょっと当たり前過ぎないかい。 これだけ妖艶で美しいんだよ、曼珠沙華、サンスクリット語らしいがどこか崇高な感じだ。 ちょっと毒もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙.∽.秋桜

この時期やたらコスモス(秋桜)を見かける。一面覆いつくされている野原もある。 ところで宇宙をコスモス(Cosmos)と言うがこのコスモス(秋桜)と同じとは・・・。 花オンチの私でも宇宙と秋桜の英語名が同じというのは知っているが語源がこれとは。 宇宙も秋桜の咲き具合から察して何となく親戚くらいには当たるかな、なんて思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏咲くバラの名前は知らない

フォークルの歌をパクったようなタイトルで恐縮だがつい頭に浮かんでしまった。 小さなバラだが今頃咲くとは驚いた。カミさん言うには夏は一休みの時期なのだそうだが。 家の中においてあるので咲くには最適の環境だったかもしれない、な~んて勝手に思ってるわけ。 それで久々にプラナー85mmを持ち出し開放で撮った。ピンが薄く気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万座は濃霧の中だった(3)

群馬県嬬恋村万座温泉。 ガス(霧)の中を歩いていると見えるのは足元近くのみ。ガラにもなく花を撮ってしまった。 当然花の名前など知る由もなく帰って来てネット図鑑を頼りに調べたがよく分からん。 一緒に行ったカミさんに聞いても分かったのは上のヤナギランのみ、他は無名花にて失礼(汗)。 下の二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロモードに誘われて

ゴールデンウイークも終焉を迎え世は通常モードに戻ったようだ。 今日の空は五月晴れを飛び越して夏空、気温からして夏日だ。でも空気は爽やか、こんな時はマクロでいこう。 菖蒲(あやめ)・・・高貴な色だ。私の田舎には’あやめ祭り’という結構名の通ったイベントがある。 紫蘭 (しらん)・・・こんなの’知らん’って言ったらサブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり花道を行く

どうやら桜の満開も本当に過ぎたようでお花見会は終焉を迎えたらしい。 今日は風が強いので桜吹雪を撮るにはちょうどいいかなってカメラを持ち出した。 いつもの公園にやって来るといい風が吹いて桜はものの見事に吹雪状態。これは期待できる。 ところがスタンバイするとあっという間に風は止みまさに凪の状態。待っても待っても吹かず飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散り際の美学って

満開の桜も強風と雨には勝てないようで散った花びらが淡い雪のようだ。 どうも私はへそ曲がりのようで桜大好きとはいかない、あまりいい思い出がないせいかもね。 従ってTVで桜のお花見シーンが出てくると「また狂想曲かよ!」ってチャンネルを替えてしまうのだ。 本当にへそ曲がりだなって思うのは咲いている桜より散った花びらが妙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い花二題

白い花。 ユキヤナギ。 本当に雪が葉に降ったかのようだ。ちょっと色温度を下げて撮った。 また散った時は散った時で名残雪のようでこれまた風情がある。この時期によく合う。 スイセン。 すでに夕暮れ近く、傾いた日に当たっているのは花だけとなった。 スポット測光で白い花を浮き出させてみたが風が少し強く首を垂れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラのようでサクラでない

アーモンドの木。 お彼岸に入ったので早々にお寺に墓参りに行った。今日は天気もいいし暖かい。 その途中で見かけたのがコレ。なかなかきれいなのだ。ちょっと見た目には桜か桃に見えるが。 残念でした。アーモンドの花であります。ここは墓参りで毎度通っているのだが最初はナニコレくらい。 その後隠れている名札で知ったわけだが最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜はまだかいな

「春一番」が昨日東京にも吹いた。 足の具合はまだ完調ではないがじっとしているのは退屈。気晴らしに花撮りに公園へ。 梅がちょうど見ごろなはずと心得てはいた。風がちょっと強いが白梅紅梅ともになかなかいい。 この公園には「おもいのまま」という白梅と紅梅を1本の木に咲かせる変わりダネがあるが今回はパス。 パスした理由は先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節を告げる春のにおい

スイセン。 我が家の時期の花。花瓶にさし眺めるだけで季節を感じる、愉しからずや。 足の不調で正月の初撮りままならず。別に焦っているわけではないが、何とはなしにカメラ手に取る。 とりあえずシャッター切ってみる。何とはなしの被写体は花瓶にたたずむ清楚なスイセン。いいね! ネットでスイセンにまつわる詩を探していたら、松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤な花を撮る

山中湖村「花の都公園」にて。 先日行った甲州の帰りに寄った山中湖村「花の都公園」。ここで見た真っ赤な花アンスリウム。 他にもいろいろな色の花があったがコレは鮮やかだった。花オンチの私が言うのもヘンだがすばらしい。 写真愛好家らしい御仁が三脚立てストロボを二つも焚いて入念に撮っていた。その後私は無造作にパチリ。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨時の上高地(3)

上高地の動物と植物。 お猿さんはもともとここの住人で昔から見ているが近頃はこんなに近くに・・・ 河童橋を渡ろうとしていたら回りがキャーキャー(人の声)言うので下を見たらお猿の集団。下は梓川。 連中だって多分必死かもよ、橋のぶれ止め用のワイヤーを次々に渡っていく、中には赤子をおんぶしてる。 しかし、ご注意!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の季節到来

姫空木(ひめうつぎ)。 久々に特別なプラナーを抱えいつもの公園で撮ったのがコレ。清楚な感じなのがなかなかいい。 この花言葉は、秘密とか夏の訪れとか古風とかだそうだがナルホドそんな気がしないでもない。 他にもいくつか撮ってはみたが現像して一番良かったのがこの姫空木。他は気が散るのでボツにした。 ところでこの特別…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お花見狂想曲Ⅱ

何年ぶりかになるか、新宿御苑。 昨日の雨風で桜も大分散ったのではないか。葉桜も結構絵になるのでは・・・ そう思ってやって来たが、どっこいまだまだ踏ん張っていた、予想を裏切られ逆に感心した。 ところで久しぶりの新宿御苑で知らなかったが入場が大変、人は多いしおまけに荷物のチェックつき。 御苑内は禁酒のためアルコールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花見狂想曲

桜も満開となり花見のシーズンもピークのようだ。テレビではライブ映像まで流したりして・・・ 私はへそ曲がりのせいかどうも桜の花見は遠慮したい。あの人ごみにはついてイケマセン。 しかしこの日ばかりは用事ついでに立ち寄ってみる事にした。勿論撮影が目的。場所は大島小松川公園。 平日午前中にも関わらず結構人がいるものだ。確か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誰がつけたか「思いのまま」

「思いのまま」。 1本の木に紅と白の2色を同時につける珍しい梅の木。飽きもせずに毎年撮ってしまう。 色の濃淡とか形も入れると1本の梅の木に4種類同時に見られるそうな。私はこの紅白で充分だが。 この木、よほど珍しいのか大抵の人は立ち止まって不思議そうに見上げる。そして「へぇ~」って。 そしてぶら下がった名札にある「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

河津桜咲き始める

近所の河津桜がチラホラと咲き出した。 前回紅梅を桜と勘違いしたオジサンを書いたがホンモノを見せたい。 ご覧の通りまだつぼみのほうが多いが咲き出したのを青空背景に撮ってみた。 実にいいコントラスト、白い雲がまたよく演出してくれる。よく見るとつぼみが可愛い。 週末には気温が急上昇するとの予報、一気に咲くのか・・・ゆっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅梅を桜と訊かれ振り返る

・・・・・ ・・・・・ しばし黙した後で「梅ですよ、紅梅と言いましてね・・・」そう答えると、「あまりキレイじゃない」なんて。 見るとその御仁はそう若くもないしはっきり言って初老。この時期にコレを桜と言うんかぃ!! 花オンチの私だって二月に入ったばかりで桜がこんなに咲くなんて思わんよ、ったく。 家に帰ったらカミサン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何となく移ろひて

狼狽する蝋梅。 そんなサブ~イ駄じゃれでも飛ばしたくなるような気候の乱高下。それでも季節の予感。 α7, Distagon 2.8/25 ZF T*
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋から初冬へ

この時期に咲く十月桜(じゅうがつざくら)。 小雨降る今日は少し肌寒かったがこの時季に合う桜はやはりこれだ。寒桜もいいけど・・・ 東京江戸川区新川西水門付近にて。 α7, Planar 2/100 T* AEG
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

季節の移ろい

山茶花 (さざんか).。 この花を見て、あぁ季節が入れ替わるのだなと気づく。花は季節のメッセンジャーか。 この花はありきたりのようでいてそれでどこか心に引っかかる、うまいこと言えないが・・・。 昔、小学唱歌で冬になるとよく歌わされた。歌謡曲にも登場するし、何気ないのにインパクトのある花なのか。 それにしても咲き始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明けて夏本番へ

昨日我が関東甲信地方に梅雨明けが宣言された。 いつもこうだったかなと思わせるような降雨量の毎日であった。 いきなりの梅雨明けのような気もするが真っ青な青空に向かう向日葵が証明だ。 α7, S-Planar 2.8/60 T* AEG
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柊(ひいらぎ)

開花時期ではないがこうもびっしりだと図形的で面白いと撮った。 節分には欠かせない柊だが葉のバリバリがすごい、これなら鬼だって嫌がるはずだ。 邪気をはらうだけではなくこれをネズミの通り道にばらまいて置くと来ないとか。確かに。 散歩の途中で見かけたどこぞのお宅の垣根だがこれならドロボー除けにもなるかも。 α7, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more